2022年度スローガン

原点回帰 〜想いと人を繋ぐ鶴岡YEG〜

原点回帰とは物事を考える時の出発点に一回りして元のところに戻ることを意味します。新型コロナウイルスの感染拡大が始まってから私たちの生活は大きく変わり、当たり前のことが当たり前ではなくなる景色を目の当たりにしてきました。もちろん今までと同様の考え方や行動では乗り切れない時代になってきたのかもしれません。
しかし、この様な状況下であるからこそ、豊かな郷土を築くために文化を伝承しながら、新しい文化の創造に向かって行動する。地域を愛することがYEGの原点だと私は考えます。鶴岡YEGとしてこの鶴岡で人と人、想いと人を繋ぎ、地域の発展のために活動していきます。

会長所信

 私が鶴岡YEGに入ったのは今から10年前でした。入会後に初めて参加した例会は旧会館の取り壊しにあたりメンバー全員で記念写真を撮影しようと集まった例会だったと記憶しています。その後、本格的に参加した活動が鶴岡天神祭り大絵馬制作プロジェクトでした。大絵馬プロジェクトではリーダーとして抜擢され、先輩たちと毎晩のように集まり、頭を悩ませながら試行錯誤し、一ヶ月かけて大絵馬を製作しました。苦労しただけのこともあり、祭り当日のパレードはとても楽しく、またその絵馬が鶴岡市長賞を受賞したことは貴重な経験をさせて頂きました。

それから現在に至るまでの10年間、鶴岡YEGの活動を通して、私自身多くの事を学び、成長させて頂きました。

会長職のお話をいただいた時には正直、自分で務まるか等の不安がありましたが、今は、会長の職を精一杯務めさせて頂く所存でおります。

新型コロナウイルスの感染拡大が始まった2020年以降、数多くのイベントや例会が思うように開催できず、「例年同様」という事業はほぼ無くなってしまいました。現在も感染拡大の状況は収まる様子もなく今後も一進一退の状況が続くことが考えられます。こんな状況の中、我々はYEGのメンバーとして何ができるのかを考えなければいけません。

私は今年度のスローガンを「原点回帰〜想いと人を繋ぐ鶴岡YEG〜」としました。コロナ禍での未来を見据え、鶴岡YEGメンバーとしての意味、そして鶴岡YEGだからこそ今何ができるのかを改めて考えたいと思います。

鶴岡商工会議所青年部
2020年度会長 尾川勝洋

年間スケジュール

日時 内容 場所
2022年4月 定時総会
2022年4月 新入会員歓迎会
2022年7月 会員放談会(次年度会長・監事選出他)
2022年9月 仮称)鶴岡YEGフェスティバル
2022年10月 江戸川区民まつり
2022年10月 第2回スポーツ交流会 山形県新庄市
2022年11月 BC型補助金を活用した事業
2022年12月 定時総会
2023年1月 婚活事業
2023年2月 市長との懇談会
2023年2月 第42回全国大会 秋田県秋田市
2023年2月 図書寄贈
2023年3月 卒業感謝状授与式
 

2018年度の活動はこちら

2019年度の活動はこちら

2020年度の活動はこちら

2021年度の活動はこちら

2022年度の活動はこちら